大学同期の感想

婚活を支えた技術

2020年の年末に「くろまめ」含む大学時代の同期とオンラインでの忘年会を行った。

その際に、以前から話として聞いていた、
婚活の際の知見をまとめたものを本として発売したというので、
その場で「婚活を支えた技術」を購入し、オンライン忘年会の終了後から読み始めた。

2時間弱で読み終わり、読んでみて読みやすかったのと、
その時に想起された久々の感情を嬉しく思い、感想を残したいと思った。

本書を読んだ感想を一言で表すなら「良質な知見」である。
冒頭で本書についての思い、婚活に対する方針、
戦略について書かれていて、次に5.16構成が示され、
それに則ってそれぞれが記述されていたので非常に読みやすかった。

それにしても、これだけマメに記録されているのはとても素晴らしいことだと思う。
私はなんに対しても不精なのでこれほど記録する気力はわかないであろう、羨ましい才能である。
私自身も社会人としてそれなりの経験があるが、
この手の人付き合いで疲弊した記憶もあるので親しみを持って、読むことができた。

私自身、マッチングサービスや婚活サービスを利用したことは無かったので、
サービスの構成そのものも非常に興味深かった。

自己の感覚のモニタリングとその差異を埋める方法、
スタンスとその表現方法、
他者との付き合い方、切り替え方、割り切り方、
他者と付き合っていくために必要な資質、
軸があることにより、濁りのない判断と回答を行えている様を書籍から読み取った。

その他には、著者の水族館好きがわかり、新鮮だった。
私は最近、妻の影響で各地の水族館に行く機会があるので、
今度水族館について話を広げて見たいと思った。

もしエンジニアが「婚活を支えた技術」を読んだら

「婚活を支えた技術」が「良質な知見」であるならば、
本書は前書に書かれている知見を著者以外で適用した事例集というところである。

「婚活を支えた技術」を読んで、
どうせ著者の体験記で私には合わないと判断した人は、
本書を読んで自己にスキームを適用する際のヒントを得てほしい。

第4章「妻」では、
著者の妻側視点で婚活に対しての感想が書かれており、
異なるジェンダーから婚活の検証が行われており、
それによって本スキームの有用性を感じ取ることができる。

私は著者の奥さんと3人で食事をする機会があったが、
初対面ということもあり、そこまで掘り下げた会話もなかったので、
奥さんに関する記述は興味深かかった。
今後もし著者の奥さんにお目にかかる機会があれば、
婚活含む以外の部分の話を掘り下げて聞いてみたいと思った。

「婚活を支えた技術」は知見であって、 「こうすべき」というメッセージを込めているものではありません。 何を考え、どう行動するかは、「婚活を支えた技術」を読んだ人しだいです。

感想に書かれている通り『もしエンジニアが「婚活を支えた技術」を読んだら』では、 「婚活を支えた技術」の知見からエンジニアの友人2人が、 何を考え、どう行動し、成婚退会まで辿り着いたたかという事例となっています。

「婚活を支えた技術」を読んで、自分には無理だと判断した人は、 「婚活を支えた技術」の知見を自身に適用するための差分を埋められなかった可能性があります。 『もしエンジニアが「婚活を支えた技術」を読んだら』の事例が、 その差分を埋めるきっかけになったらと思います。

二冊を通しての感想

私も過去の経験から目的とした
他者とのコミュニケーションについて疑問に感じることがそれなりにあったが、
本書で書かれている体験に触れ、その疑問についての論点が明確になったと思う。

今年は、新型コロナウイルスというものが流行し、
仕事も在宅に切り替わったため家族との時間も増えたが、
そのせいで、パートナーといるのが窮屈に感じたり、
疲弊することがあると聞いた例がいくつかあった。

私にとっての妻は、対外的に誇るステータスではなく、
人生をともに歩んでいくための戦友であり、
パートナーであると考えているため、
そこに主眼をおいた著者の戦略は共感できるものが多かった。

自己の中に芽生える感情に対して目的を決め、
目標をセットしそこに対して行動していく...。
文字にすると平易ではあるが、
これを実行するのは多くの人には案外、
難しい課題なのかもしれないと日程決めやその後の返信の反応を見て思った。

感想をくれた大学時代の同期は、 私が結婚するよりも前に結婚しています。 感想に書いてあるようなパートナーに対するスタンスではあると感じていましたが、 今回の感想にて実際にそのように考えていることがわかりました。

パートナーい対するスタンスを目にし、 私の趣味のコミュニティ活動でのワンシーンを思い出しました。 コミュニティーのメンバーの一人から、 「数年後に福岡に移住しようと思っている」と言われたので、 「どういうことですか」と詳しく話を聞いてみたところ、 「福岡は可愛い子が多いので嫁を探したいと思っている」との返答をいただきました。 私は「福岡に行く前にやれることはありますよ」と言い、利用した結婚相談所を紹介しました。

だた、「良い話を聞いた早速調べてみる」とはならず、 結婚したいと言うわりに終始、私の妻が可愛いという話や、 コミュニティ内でフラれ続けている人への想いを語ったりと、 何を言っても、その人に私の言葉は届くことはなさそうだなと感じました。

「可愛い嫁をもらう」では、 可愛い嫁をもらった時点でゴールとなってしまいます。 婚活し、成婚退会したら終わりではなく、 そこから婚活するよりも長い時間を一緒に過ごしていくことになる相手が、 「可愛い」という一点のみで、関係を続けていくことができるでしょうか。

この問いは、「婚活を支えた技術」、 『もしエンジニアが「婚活を支えた技術」を読んだら』 を読む中で見えてくるはずです。

趣味の活動での知り合いが、 私の言葉に耳を貸す日は来ないでしょう。 婚活や結婚に対して前向きな気持がある方々に対しては、 これらの本を通じて、考えるきっかけ、行動するきっかけを提供できたらと思います。