第09回 Tシャツで婚活して成婚退会した技術者の話 妻

第09回 Tシャツで婚活して成婚退会した技術者の話 妻

https://note.mu/kuromame_krmm/n/n423fbf7ba385

  • 51 さん
  • 52 さん
  • 53 さん
  • 54 さん
  • 55 さん
  • 56 さん
  • 57 さん
  • 58 さん
  • 59 さん
  • 60 さん
  • 61 さん
  • コラム
    • 成婚退会から一年後

第09回は下記のような構成で、出会った相手一人一人について書いています。 10 人ずつ紹介していましたが、最後は 11 人紹介といつもより 1 人多くなっております。

名前を出すことはできないので、出会った順番に番号を付けて紹介しています。

職業、年齢、どちらからの申し込みなのか、お話した後の回答、相手の印象やデートの内容、所感などを書いています。

知り合いに話したときは、この情報のおかげで「自分が体験したかのような気持になった」という感想を頂けました。

いろんな人がいて、自分がどのように考え、どう行動したかに注目してもらえたらと思います。

職業
一人暮らし or 実家暮らし
年齢
相手からの申込 or 自分からの申込
自分のトライアルデート回答 ( 相手のトライアルデート回答 )

相手の印象、デートの内容、所感

婚活での出会いが作業になっており、 デートに発展している相手と交際に発展するイメージが持てないことから、 次の出会いでデートに発展しなかったら活動を数ヶ月休止しようと決めていた。

妻というサブタイトルから皆さんお察しという感じですが、 私の中で、妻に対するインパクトがあったのかということを感じていただければと思います。

出会った相手との内容だけでは、変化がないかなと思ったので、 私の成婚退会から一年経ったタイミングに「ゼクシィ縁結びエージェント」で活動を開始した知り合いに手伝ってもらい、 私の当時の検索を実行し、どのくらい女性側に入れ替わりがあったのかということを書きました。

最後まで読んでいただけたらと思います。

記事投稿のモチベーション

プレゼン形式にて、自身が結婚相談所で半年間活動して体験したことを包み隠さず知り合いに知見として共有したところ、とてもうけが良かったので、テキストに起こしてみました。

アラサー男性の生々しい婚活の実体験が書かれているというのは世にあまりないのではないかと思います。また、知り合いからは「自分が体験したかのような気持になった」という感想を頂きました。臨場感のある情報を提供できているのではないかと自負しています。

結婚相談所では、結婚に向けて二人の意思が確認できたので結婚相談所を退会することを「成婚退会」と表現しており、私は半年の結婚相談所での活動で、成婚退会することができました。

成婚退会した相手が、現在の妻となっています。 テキストに起こしてみるとかなりのボリュームになり、全10回に分けることにしました。

ブログでは、各回の概要を書いていくので、詳細が気になりましたら、上記 note の記事をお買い求めください。

利用した結婚相談所を紹介させていただきます。

私が、利用していたときは「ゼクシィ縁結びカウンター」という名前でしたが、サービス名が変わったようです。

  • 入会金と成婚料だけで、数十万円掛かるような結婚相談所を見掛けるなか、入会金3万円、月額1万円、成婚料無しというのは、金銭的に非常に申し込みやすかったです。
  • 安いからといってサービスの質が悪いわけではなく、独身証明書、源泉徴収票、卒業証明証など身元がわかるものの提出をしなければ活動を開始出来ない仕組みになっており、相手の身元が保証されているという安心感がありました。
  • メッセージの交換から実際に出会うという流れとなっている出会うまでのコストが高いマッチングアプリと異なり、マッチングするとまずは会って話す機会が設けられ、出会うという部分に対するコストが低いところがよかったです。

利用した「ゼクシィ縁結びエージェント」についての詳細が気になる方は、下記の記事をお買い求めください。

第03回 Tシャツで婚活して成婚退会した話 結婚相談所

https://note.mu/kuromame_krmm/n/n25949c931789

全10回はセットでも販売しており、1記事ずつ購入するよりもお安くなっています。

私という他の誰かが掛けた膨大な時間(マッチングアプリから数えると1年間)と活動費用などのコストを掛けずに、 上記の価格で婚活の知見が手に入るというのは相当にお安いのではないかとは思っています。

よろしくお願いします。