Tシャツで婚活して結婚したエンジニアの話

第03回 Tシャツで婚活して成婚退会したエンジニアの話 結婚相談所

2019-06-11 00:35

第03回 Tシャツで婚活して成婚退会したエンジニアの話 結婚相談所

https://note.mu/kuromame_krmm/n/n25949c931789

  • 利用した結婚相談所
  • 何故その結婚相談所を利用したのか
  • 利用した結婚相談所の印象
  • 結婚相談所で使われていた用語
  • 自分の中での決めごと
    • ファーストコンタクトしたいかの判断基準
    • トライアルデートに進みたいかの判断基準
    • 真剣交際に進みたいかの判断基準
    • 成婚退会に進みたいかの判断基準
    • 活動期間は最長でも半年間
    • とにかく会う
    • 会うときの服装は普段通り
  • どのように活動していたか
    • 婚活のスケジューリング
    • ファーストコンタクト時の目印
    • 文言のテンプレート化
  • 戦績
    • 自分からの申し込み数
    • 相手からも申し込み数
  • 婚活に掛かった費用
    • 結婚相談所の費用
    • 出会いに掛かった費用
  • 次回予告

第03回の内容は上記のようになっています。

利用した結婚相談所、何故その結婚相談所を利用したのか、利用した結婚相談所の印象などを書いています。

第03回からは、結婚相談所で使われていた用語が出てくるので、用語の説明を入れています。

第02回で、マッチングアプリを使ったときと同じように、結婚相談所においても、どのような基準持って活動していくかということをあらかじめ決めておきました。

それぞれのフェーズで判断基準を設けることによって、自身の軸をぶらすことなく活動できたなと思っています。

第01回の内容の通り、半年で 61 人と出会いました。結婚相談所の担当者には、気力や体力を心配されましたが、判断基準があったことにより雑念が入ることなく出会った相手と向き合えました。

どのくらいの相手に申し込んだのか、相手に申し込まれたのかについて具体的な数字を書いています。数の大小は比較対象が無いのでわかりませんが、一つの事例として見てください。

婚活に掛かった費用も具体的な金額を書いています。結婚相談所で半年活動し、61人と会おうとするとこのくらいのお金が掛かるのだなというイメージをしてもらえたらと思います。

第04回から第09回までは、実際に会った相手について一人一人どうだったかということを書いています。次回予告では、どのような内容で書いていくかについてが書かれています。